電気製品もDIY!キットで気軽に始めませんか

admin

電気製品の自作は意外と簡単

DIYブームにより、小物から本格的な家具まで多くのものを制作する人が増えていますが、実は電気製品も自作できることをご存知ですか。
電気製品といっても、その構造は比較的単純なものから複雑なものまで様々です。ラジオや懐中電灯などは、構造が単純な部類に入り、意外に簡単に作ることができます。

初めて電気製品の自作にチャレンジするときには、市販のキットを利用するのがおすすめです。ネット通販で簡単に購入できる上、必要な部品などをまとめて入手することできるので、やりたいと思ったときにすぐに始めることができます。また、子供の学習用に販売されているものなら、夏休みの自由研究にも役立つでしょう。遠出をしなくても、家の中で家族の楽しい思い出作りができます。

電気を使うからこその注意点も忘れずに

簡単に作れるといっても、電気を使うものである以上、注意すべき点があることも忘れないでください。特に気をつけなければならないのが感電や漏電です。これらは日常生活の中にも潜むリスクではありますが、自分で部品などを扱うときにはより一層気を使う必要があります。初めての場合には説明書をよく読み、可能であれば電気製品の自作に慣れている人と一緒に作業できると安心です。万一、漏電が原因の火災が起きることがあれば、近所に住む人たちにも迷惑をかけてしまいます。簡単に作れるキットを利用する場合にも、安全に気をつけるという点では十分に注意して作業を進めるようにしましょう。安全に配慮しながら、自分で電気製品を作り上げる楽しさを感じてみてください。

プリント基板実装ではメタルマスクという道具が使われます。この道具は、ペースト状のハンダを基板に塗布する役割があります。